ABOUT

きっと、⽇本でいちばん
不動産屋さんらしくないお店。

いままでの不動産屋さんのイメージを覆すような、
まるでカフェのような雰囲気の店舗。
私たちが目指したのは、シアトル発の人気カフェ。
お客さまに「接客」「サービス」で選ばれる店舗でありたい。
そのための工夫がつまった店舗づくりをこころがけています。
お客さまが一番最初に決める物件はお店です。
お店に入る前に不安を感じないか、中に踏み入れた時に
緊張してしまわないか、徹底的に疑問を洗い出し、
おもてなしの質を日々高めております。

不動産屋さんらしくないお店。
カフェのような雰囲気の店舗
おもてなしの質を日々高めております

お客さまがご来店しやすい
お店づくりのこだわり。

⿊をベースに、差し⾊として⼊る⻩⾊が鮮やかな外観。⼀歩⾜を踏み⼊れると、間接照明の暖かい光がむかえいれる。⽊のぬくもりを感じるインテリアに、⾼級ホテルのような上質な⾹り。誰もがふと、街はずれのカフェに迷い込んだと錯覚するような、ちょっと変わった不動産屋さん。それが『ルームセレクト』です。

お客様がご来店しやすいお店づくりのこだわり
お客様が一番最初に決める物件はお店です。

お客さまが一番最初に
決める物件はお店です。

スタッフを気にせず自分の部屋にいるように物件を探す「無人コーナー」は、カフェでくつろぐ時のように、リラックスしながら物件探しをしていただけるように、一杯のコーヒーがおいしく飲める空間づくりをこころがけました。お子さま連れのお客さまが来店された際は物件選びに集中していただけるよう、「キッズスペース」にスタッフが常に目を配っております。そしてスタッフ一人一人の「接客」。手数料をちゃんといただく分、私たち自身のおもてなしも恥ずかしいものにしたくない。そうした意味で、接客のライバルはホテルマンと考えます。お辞儀の角度、お客さまをお呼びする時の気遣い、身だしなみ、お客さまをお迎えする時の心構えなど、接客のルールをつくり、徹底するようにしています。ここまで取り組むのは業界ではちょっと珍しいのではないか、と自負しています。

代表メッセージ

ルームセレクトは今までの不動産業界のイメージや仕組みを一新するというチャレンジ精神のもと設立されました。これまでの不動産仲介のイメージは会社のオフィスのような堅苦しい雰囲気でデータベースから事務的に物件を紹介するといったものでした。不動産仲介業者である以上、お客さまの要望通りの物件をご紹介するという使命があります。ルームセレクトはそこを最低条件とした上で「接客」と「サービス」でお客さまから選ばれる店でありたいと思いリラックスしてお部屋を探すことができる無人スペースやカフェのような店内デザイン、そしてホテルマン顔負けのスタッフの身だしなみや接客方法を取り入れています。不動産仲介業に誇りを持って働ける環境があります。新しいことへの挑戦があります。変わることを恐れず、チャレンジ精神をもって私たちと一緒に新しい不動産業のカタチをつくっていきましょう。